LINK
自分の車の査定額を少しでも上乗せするには、、中古車を売却時期、タイミングというものも関係があります。乗り換えを検討している自動車を無駄なく乗り換えることを配慮すれば、いくつかの注意する点があるんです。自動車の買取査定の要点として重要視されるところに走行距離がまず考えられます。多くの場合走行距離イコール自動車の消費期限とみなされる場合もありますので実際の走行距離が長ければ長いほど買取査定にとってはマイナス面になります。走行している距離が100キロと2万キロでは一般的に、査定対象車の買取金額は相違があります。走行距離というのは短いほうが自動車の買取額は高値になりますが本当のところそんなに突っ込んだ線引きはないため、決められたベースラインで査定されます。例えば、普通車の場合一年で10000キロで線を引いてこの走行距離を超えているとたいてい査定がマイナスになるなどです。軽自動車ですと年間で8千kmがまた年式が古い割に距離がとても小さいとしても売却額が上がるとは限りません。一般的には年式・走行距離での売却額査定のポイントは年数と比べて適した走行距離であるかということです。車も例外ではありませんね。それから車の経過年数も中古車見積査定のポイントになります。十分と理解しているというような人が多数だと考えていますが、基本的には年式に関しては最近であるほど査定では有利なのですが、例外的にそれに希少価値があるブランドは古い年式でもプラス評価で査定額が出されることもあるのです。それから車検です。ご存知のとおり、車検には現金が必要ですので車検までの期間が残っているほど査定は高くなると思える人が多いかもしれませんがそれは誤りで現実には車検の前でも後でも中古車の査定にはほとんど響くことはありません。国産車、フルエアロの車傷がある車、という感じの中古車のコンディションなども査定額に相関性してきます。車検前は売る時期としてはタイミングがいいということです。一方見積額を高額にするために、車検の後に査定してもらおうとするのはお金の無駄、あまり評価されないということです。それから専門業者に車の依頼をして、売却するタイミングとしては2月と8月はチャンスです。というのも、自動車買取店の決算の時期が3月と9月になっているところが結構多いからです。ですので、例えば、1月に売ろうと思ったらあとちょっと待って2月に査定見積もりを専門業者にお願いして売るのもありだと思います。あなたの事情もあると思いますので、一概にそういったタイミングで買い取ってもらうなどというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけそうした時期を狙ってみると良い結果になりやすいと思います。