LINK
外国為替市場介入(為替介入)という言葉を知っていますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌記事、報道番組、ヤフーの記事で確認した人もたくさんいると思います。そもそも為替介入というと日本の場合、・大臣(財務大臣)為替のレートの安定化を保つように行なうやり方と使われています。わかりやすく言えば、極端な円高・円安になった際に財務大臣の指示のもとに中央銀行(日本銀行)円を売り買いして相場を安定させる、ものです。為替介入はいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・行政機関・日本銀行が東京での市場の中で自ら市場に参加して為替介入を行なう。2.協調介入・・・多くの通貨当局が相談し各銀行などがお金を出してタイミングを合わせてあるいは少しずつ為替介入を行なう。3.委託介入・・・国外の銀行などへの介入を依頼する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の通貨当局に代えて為替の介入をする。このようにやり方があります。いずれのやり方の為替介入も一時的、あるいは連続的に為替レートに多大な影響力を与えるのです。外国為替市場介入(為替介入)のお金はさすが自分の国の威信をかけているだけに段違いなのです。円を例に例えると、通常は少しだけ変動しているレートが一気に数円単位の動きをします。個人で投資をしている方なら一回は経験していると思うのですがそこまでは上手に含み資産(または含み損)が増加していた持ち高を持っていたのですが、保持している持ち高が決済となりましたといった連絡がFX業者の発信でメールが来ました・・・どれほど儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と考えつつ決済のデータを見たところ、自ら期待していたものとはまったく反対の事で度肝を抜かれたという事例があります。為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると起こりがちななのです。外国為替平衡操作(為替介入)を実施すると、為替の市場の変動と反対の変化をするものです。なおかつ変化する額の幅は相当大幅に変わりますので注意が必要なのです。