LINK
クレカを契約していると一般的には、契約しているカード会社から利用代金明細の通知があります。その利用代金明細を見るとどこで何にカード決済で何円消費したのかに関する細かな内容が見やすい表になっているため過去のクレジットカードを使った履歴を見るにおいて実に簡単で便利です。全く取って替えるにはなんとも困難かもしれませんが、手軽な収支記録のようなものにまとめることも楽しいしお金の管理にももってこいです。それから上記のクレジットカード利用代金明細送付されてから一般的に2週間程度でカード代金の支払いが実行されます。手元のカード利用明細を目ざとく見ていて感覚的におかしな場所、もしも決済したこともないWEBサービスが明細に載っていたら、カード会社に連絡して調べてもらえば良い場合が多いでしょう。仮に盗用カードによる不正利用をはじめとするありえないカード使用が判明した場合でも、カード利用者に問題がない場合は、多くの場合は加入カード会社がその異常な使用を免除してくれます。今ではこのようなクレジットカード利用明細をホームページで閲覧できるクレカが増えてきています。常時どこで何を利用したか注意しておくといったことでカード詐欺を未然に防止することをはじめとして、家計簿としても使えて家計管理もいっぺんに可能です(インターネットで確認可能なところは以前の決済履歴や決済可能残高といったことも見ることがOK)。カードはこれらの意味でもとりわけ有益なツールと言えるでしょう。