LINK

自動車を売る際、車両の下取りのさいも印鑑証明というものが必要になってきます。シルバーメタリックのメリット・デメリット

それではこの印鑑証明について説明しましょう。ピザ お取り寄せ

印鑑証明とは、その印鑑が実印で間違いないという事実を保証する目的を持つ書類です。花粉とスキンケア

この印鑑証明がないのであればその印鑑が実印であるという事実が証明できません。ユーグレナ ミドリムシ CM 川島海荷 かわしまうみか

個人にとっては相当高額な商談になる中古車の売買なので必然的に実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明という書類が必要となるのです。スポーツベット おすすめ

印鑑証明を交付してもらうためにはまずは印鑑証明をしておかなければなりません。カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

書類に登録する印鑑は正式には実印といい唯一無二の判子であることが条件です。

この実印を手配して自分が住む市町村役場へ出向けば、印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードがもらえて登録が完了したはんこは実印になったということになります。

印鑑証明書を交付してもらうためには、市役所などの受付へ行き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを出す必要があります。

他にも、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行することができます。

印鑑証明には有効期限などはないのです。

ですのでどれだけ前の印鑑証明だとしてもその効力は持続するのです。

ですが、中古車売却の際には、印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。

ほとんどのケースで期限を定める必要はないですが、車の買取の時は、相手側が有効期限を定めていますので中古車の買い取りを予定しているなら手放す前に用意しておくとスムーズに進みます。