LINK

今回は為替市場というものの基礎的事柄に関しての説明です。

為替市場を簡潔に言うと「持ち金の送らないでも金銭のやり取りの望みを達成する取引」を言います。

よく為替相場とはほとんど国際の為替について言っている場合が多いです。

外国為替というのは両国のお金の交換を行う事です。

他国へ旅行(スペイン、中国、ベトナム、アメリカ)などしたならば、たぶん外国為替の体験があります。

銀行窓口に行って他の国の金銭に両替をしたならば、外国為替です。

為替の相場を簡潔に説明すると買い手と売りたいと思う人の金額を示したものです。

銀行間の取引によって確定するものです。

その銀行がマーケットメイカーと言われている世界中の複数の銀行であります。

為替レートはたくさんの働きを受けつつも休むことなくいつでも変化します。

為替のレートを動かす引き金になるのはファンダメンタルズというのがあります。

ファンダメンタルズというのは経済のゆくえ、経済の基礎や条件のことです。

その国の経済成長率や物価水準、金融緩和政策、失業者の割合、有力者の一言等のことが関わって為替相場は変化するのです。

特に経常収支や失業者数は大事なのです。

経常収支とは、財務省からの用命で日銀が外国貿易統計を利用して作成した国外とのある日数の経済上のやり取りを記したものです。

外国取引の収支は中央省庁や日銀のホームページの中で見られます。

就業者の統計、失業者の割合も重要視されるケースが多い要素と言われます。

特に米国の就労者の統計はポイントとされます。

月に一度提示され調査の範囲が広範な点がポイントです。

為替の変動は経済活動の変動そのものです。

国の経済の変動を見極めることにより為替レートの動向の把握ができると言えます。