経験の浅い方向けの外国為替証拠金取引の雑誌では、「損をした状況ではナンピン買いで、ポジションの平均をコストを小さくする」等と記述されていますが、実際にはこれは相当大きな危険性が待ち受けています。和歌山市 早朝バイト

最初に、ナンピン買いのやり方に関して分かりやすく述べておきます。リプロスキン 体験談 嘘

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。みずほ銀行カードローン審査で学生通る?【通る条件まとめ】

$(ドル)買いということで、円安に推移するほど儲けが大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高が進んでしまった。meemo口コミ

その場面でポジションを所有し続けたらマイナスをなくすためにはマイナス分円安に進む必要があります。脱毛器 比較

投資家であれば、赤字は可能な限り早く無くしたいと願います。下半身ダイエットサプリ

そこではじめに注文したのと同じだけの$(ドル)を、1ドル95円で取引します。部屋探し

それによって、平均の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

2円50銭の幅で円安が進むと、損を回復する事ができます。瓜破斎場

これが、ナンピン買いの理屈です。子供 便秘

こういうふうに、ナンピンの理屈を理解すると、「まちがいない」という考えになるが為替はそう簡単に思うようにはいきません。

もとより、95円が下限だとということなど、誰一人としてわからないのである。

たとえば、為替相場が相当の円高ドル安基調だとすれば1ドル=95円では下げ止まらずに、さらに円高ドル安にいく可能性があります。

例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをするとしても、95円までドル安が速んだらナンピンしたポジションについても、損失が生じることになってしまうのである。

その状態では、一番初めに売買したドルと一緒に、2倍の為替差損を被ることになります。

それほど、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

であるなら、マーケットがシナリオとは逆向きにどんどん行ってしまった場合、どのようなやり方で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう時には取れる道は2つ。

まずひとつめは潔く損切りをする事です。

もうひとつの選択肢としては、現在、保有している買いポジションを減らす事で、もう一回相場が回復するのを待機する事だけです。

ちょっと控えめな手法だと言う方もいるでしょう。

だが、買いポジションに損失が出た場合最も効果のある手法はこの他にはありません。

勿論、考え方としてはナンピンをするという手段も効果的です。

だがナンピンは自分か損失を披っている場面にもかかわらず買いポジションを減らすどころか逆にポジションを積んでいく手段です。

それでは、危険性を制御することなど、どう頑張ってもできない察するべきです。

ナンピンをしていけば最終的には勝てるかもしれません。

けれども、それ以前に投資資金が無くなってしまいます。