LINK

カードをショップにおいて使う場合思ったことがあるのではないかと考えますが、レジのスタッフがわからないためにいったいどのレシートを利用者へ対して渡せば良いのか迷っていることがあるはずです。布団クリーニング比較

というのも、カードを機械に通すと、専用端末からは3組綴りの利用レシートというものが出てくるからであり、このレシートのうちどの明細を利用者の方へ渡すべきなのか迷いやすいというケースがあるのです。ひどい便秘

複数の紙の正体●3枚の紙の解説はいかなるものかというのは、以下の記載のようになります。シースリー

1客に保管して頂く明細。

2店舗控え用の使用レシート。

3クレジットカード会社控え用明細(サインを書く明細)。

通常であれば必ず利用者の方へ渡す紙を渡すはずですがごくたまに、店舗控え用の紙の方を利用者のもとへ間違って渡すようなことやサインした側の使用明細自体を渡してしまうといったパターンすら見受けられます。

このようなケースはパートの人や通常カードというものが利用されない店舗の会計にてクレジットを使おうとすると、そのような従業員の困った姿というものが見れるでしょう(笑)。

万が一従業員が違うレシートというものを渡そうとした際には、冷静に「こちらは違いますよ」と一言言ってあげて欲しいです。