LINK

車を売却するに際してケースによっては委任状を提出しなければならないケースがあります。

では、委任状とはどういったものかや現実にどのようなケースで使われるのかということを詳しく解説しましょう。

<br><br>委任状というもの委任状とはクルマの名義を変える状況で持ち主が立ち会い不可能なときに違う人に立ち会ってもらう旨を正式に明記した文書です。

要するに他の人に依頼してあるということを、委任状で証明するということです。

委任状が必要となる場面委任状がなければならない状況というのは、自動車引き取りのときに、その中古車のオーナーである本人が立ち会い不可能なケースです。

クルマを売却するイコール名義を変えるということです。

名義変更手続きは変更する者、さらに変更後のオーナー両者が行わなければならないものですが場合により手続きが進められないケースもあります。

そして本人がそこに立ち会うことができないのに名義を変える手続きをしたいケースは当人の委任状が必要になります。

名義を変える作業を代わりにお願いすることになったケースで必要になってくると覚えておきましょう。

買い取り業者やディーラーでは委任状は必須車買取業者やディーラーへの車売却というやり方が一番普通の自動車売却をする際の手法です。

またこういった買取先はだいたいが名義変更を代わりに依頼できます。

名義変更を代理していただけるということで、複雑な労力が避けられるのですがその際に必要な書類が委任状です。

車買取業者やディーラーが持ってきた委任状にサインするというのが一般的です。

一般的には必ず必要になる書面名義変更に関する委任状は必ず必須ということもないものの、売却した自動車の名義を変える手続きに立ち会うことが可能な人というのは相当少ないではないでしょうか。

勿論知り合い間の取引で陸運支局等に二人で立ち会うことができればいいですが、そのようなケースは稀です。

そのため基本的に委任状は車買取の時の欠かせない書類となります。

車買取と自動車リサイクル料についてそんなに知られてはいないのですが車には「自動車リサイクル料」という料金を支払わなければなりません。

ではリサイクル料について説明いたします。

<br><br>自動車リサイクル料について自動車リサイクル料という税金は今から7年前に施行された自動車リサイクル法という法律で定められたものです。

クルマを適切に廃棄する為に、クルマの所有者が支払う義務のある料金です。

自動車リサイクル料の料金車のオーナーにかかる自動車リサイクル料はクルマのブランドやエアバッグの有無など自動車それぞれで変わります。

普通は7000円〜18000円ほどです。

装備によって料金は異なってきますが車検の時に自動車リサイクル料の料金を支払うのであれば、売却時の状態によります。

自動車リサイクル料の支払いリサイクル法は2005年1月から施行されました。

ですからその時点より後に新車を購入した場合はあらかじめ車の購入の時に支払っています。

それから平成17年1月以前に購入した場合は車検の時に払うものになります。

そしてリサイクル料をもう支払っている自動車を新車でなく中古で購入する時には購買の時に自動車リサイクル料を払わなければなりません。

要するに最後の本人が料金を納めるようになるのです。

リサイクル料の自動車買取の時の扱い自動車を売却する際には、リサイクル料は返還されます。

と言いますのもリサイクル料が最終オーナーに支払い責任がある料金であるからです。

ですから、自動車リサイクル料をもう支払済みのクルマなのであれば最終所有者が変更になりますから、売った時に支払った額が還ってきます。

しかしながら廃車のときには還ってこない為注意が必要です。